メールのアーカイブ機能の使い方が、今さらながらわかった

クラウドソーシングを利用して仕事をしていると、各種の通知メールが大量にやってきます。あまりにもクラウドソーシング関連のメールが多すぎて、他の重要なメールを探すのが大変になることもよくあります。とはいっても大量のメールのほとんどは、下手に削除しない方がよいものです。
ところがつい先日、たまたま何かの記事を読んでいたら解決方法が見つかりました。それは、メールのアーカイブ機能を使って、既読メールを削除せずに受信トレイに表示させないようにすることです。私はアーカイブ機能そのものを「メールを非表示にする」という程度で知っていましたが、何のためにそうした機能があるのかをよくわかっていませんでした。でも記事を読んでアーカイブ機能の使い方がわかったところで、すぐに実行に移しました。
今では、重要度の高いメールを受信トレイに残し、重要度は低いが削除しないほうがよいメールをアーカイブするようにしています。アーカイブ機能のおかげでメールを快適に使えるようになりましたが、「今さらながら」という感じもします。